薬剤師の求人情報で大切にしたのは男女比

憧れの薬剤師になった

身体について気になる事があって医療機関に訪れた後、処方薬を求めて薬剤師の方とお話した時にとても親切かつ親身に接してくれた事がきっかけで同じ道を歩む事に決めて、自らも薬剤師として働くようになりました。
憧れていた仕事に就いて働く期間が長くなっていくのにつれて自分が求めている事が明瞭になったり、ますます色々な経験をしたいと考える機会が増えたため、考えている事が実現できるように求人情報を閲覧して新たなる活躍の場を探すようになりました。
今日では求人情報を閲覧する方法には様々な方法が存在していますが、あらゆる方法に共通して拘っていたのは給与や手当に関する詳しい情報についてです。
求人情報には基本給と共に独自の手当や通勤手当、住宅手当や地域手当などが記されていましたが中でも住宅手当に関しては社宅制度または家賃補助といったように、金額と共に制度についても多種多様であったのでよく調べて自らの状況に当てはまる考え方をしました。
そして、閲覧した求人情報は賞与に関しても記されていたので基本給をきっかけにして賞与についても計算しつつ、一例としての年収額も記されていたため自らの年齢や経験を思慮して得られる給与額をイメージしてみました。

薬学部男女比と現場薬剤師男女比から男子薬学生が意識すべきポイントを考察する #薬剤師 #薬学部 #薬学生 #勉強垢 #アンサングシンデレラ https://t.co/59npS20EXx

— サバクの薬剤師 (@lrrk5nXrVlY0Gpf) December 1, 2020

憧れの薬剤師になった / 薬剤師として転職を考えるように・・・ / 転職の条件で男女比も重視しました

薬剤師 男女比 : 薬剤師の男女比について