薬剤師の求人情報で大切にしたのは男女比

転職の条件で男女比も重視しました

さらに、求人情報を集めて目にするようになったのはこれからの人生の歩み方であるが故に、仕事はもちろん日々一緒に過ごしてくれる方にもじっくりと向き合ったり、ライフステージが変化した時に柔軟に対応できるような状況を求めました。
実際に働いてきている立場で感じるのは他の仕事に比べると男女比の割合が独自的である様子なので、求人情報に記されている男性の人数と女性の人数から男女比を理解した上でより一層深い情報を得るようにしたり、応募してみるといった判断をしていました。
同様に、ライフステージが変化しても安定的に日々を過ごしながら働き続けるには転勤をする機会が無い方が自分の状況には合っているので、転勤についても考えました。
転勤の機会の有無は、薬剤師に限らず他の仕事に従事している方が求人を見て今後の事を考える時にも重視する点ですが、薬剤師は在籍する調剤薬局の経営元などによって転勤の必要性が大きく変化するため経営元などについて確認しました。
全国的に知名度が高くて全国展開している事例では全国を対象にして転勤をする必要がある事がわかりましたが、よく調べていくと働きやすい環境を生み出す事に尽力している全国規模の調剤薬局も増えてきている様子から、希望すれば地元または負担が無い状態で通勤できる範囲内にしてくれる事例もありました。
求人情報をじっくりと見て応募した後には面接試験を受ける機会を与えてくれたので、面接時に面接担当者と尚一層詳しい話をしてお互いに納得がいく事を確認し、理想的な環境下で働く事ができています。

憧れの薬剤師になった / 薬剤師として転職を考えるように・・・ / 転職の条件で男女比も重視しました